福祉関係

高齢者、障害者の積極的採用/将来的展望

当協会では遺品整理を基盤としたサードライフを構築することを目標としております。

 

最終的には、生前整理と共にご遺骨のお預かり業務にいたるまでのトータルサポートを完備して

 

著しく進んでいる高齢化に対応し若い世代に安心してバトンタッチできるシステムの構築を目指します。

 

その過程で発生する雇用をリタイヤされた高齢者の方々優秀な障害者の方々にお任せして、当協会の中心となって頂きたいと考えております。

 

理事会承認において、雇用社員の50%以上を目標とし当協会及び関連企業にて率先して働いていただきたく準備しております。